FC2ブログ

はじめに※必読

このブログはタルパを知らなければ意味不明だと思います。
空想、妄想、多少?のオカルトが主成分です。

それでも良いという方はどうぞ。
リンクフリーです。
スポンサーサイト



幻触の短い話

夜の会話の短いの。

向かい合って話中、まじまじと見つめられる。

私「何ー?」
静「目やにがついておる」
私「まじか」
静「とってやろ」

手が伸びてきたので目を閉じる。
静司さんの指が目蓋を緩く擦る。

私「んー?取れた?」
静「ひひ、…うむ」
私「…取れるわけないじゃん!」
静「触りたかっただけだ」
私「目やには?」
静「無い」

騙されたぜ。

それだけです。
なんか作業が忙しいです。私はマルチタスクが苦手で複数のイベントを上手くこなせなくて大変です。仕事もですが、料理も同時に完成させる事が出来ません。向き不向きですかね…。なんかいっぱいやる事が有るとパニックで動けない。順番などがわからないので博士の愛した数式みたいにメモ張り付けまくったら上手くいく気がする。

人工精霊マルクの順位付け

なかなか作業が多くてブログ更新が亀ですね。
体調不良中の会話が少し残ってたので書きます。

マ「あるじ、主!風邪で鼻詰まってるんですか」
私「そう、あとアレルギー…マルクは平気?」
マ「主と同じ苦しみを味わえるので良いです!」
私「忠犬…!」
静「そういう風にわれが躾たゆえ」
私「えっ」
静「感謝せ」
私「ありがとう…?なんか本当にマルクの飼い主が静司さんな気がしてきた…」
静「うん?マルクの飼い主はぬしよ。そうであろ?マルク」
マ「そうっすよ」
私「…」

なんか静司さんに「そう言え」ってしつけられてるんじゃないか?って疑う。
マルクはなんていうか穏やかで素直なかんじのゴールデン、て感じ。パトロール中も唸ったりしてるの見ない。見てないだけかな?

マルクは「同じ苦しみを~」って言ってますが元気です。

短いですが、終わります。次は静司さんの話を書けると良いな。

作業が進みますように。それでは!

お久しぶりです。復活したのでタルパ犬との話を。

予告無しで、間を開けてすみません。
理由は体調不良です。熱出したのとアレルギーでダウンしてました。他ルパーさんのブログも見ていません…後で見に行きます!いつも足跡は基本つけないのでこっそり楽しんでます!うふふ楽しみ!

静司さんと過ごしたいけど話し掛ける話題がなく、隣に座ってももどかしい時間を過ごす事があります。

静「どうした、こずえ」
私「え、あー解んない…」
静「うん…?」

という感じ。
もともとコミュニケーション能力が低いのできっかけが掴みにくい。うまく話が盛り上がらないと不安感に襲われます。
そんな時の話

私「マルク、居る?」
マ「いますよ。どうしたんすか?」
私「行き詰まって息抜き」
マ「そうっすか…逃げてきたんすか?」
私「うーん、そう、とも…そうだね。ねー、マルクはどんな話をしたい?私と」
マ「?今みたいな?別に主とならなんでも」
私「なんかね、静司さんと話す話題が…タネが無くて」
マ「そんな考えなくていいでしょ。主の事愛してくれてるし、傍にいるだけでいいと思います。そんな毎回毎回おもしろい話は出来ないですよ?」
私「マルク優しい」
マ「当然っす」
私「静司さんはね、優しいけど、私以外に優しくしてないって言ってた」
マ「え!?俺もそうした方が良いっすか?」
私「いや、真似して欲しいとかでは…思い出してポロっと言っただけ」
マ「静司さん、俺にも優しいっすよ。愛のあるしつけしてくれます」
私「…信頼してるんだね」
マ「そりゃ、主を護ってきた人ですから。主、さっきの話ですけど、もっと力抜いて良いと思いますよ」
私「力かー」
マ「力んでる気がします」
私「じゃあまた力んじゃったら、マルクとお話していい?」
マ「良いっすよ?気が抜けます?」
私「うん」

優しいわんこ。
人型の時は犬型の時より知能(精神)年齢が高いです。

風邪をひいたのは、寒い中を薄着で神社まで歩いた上長居した事です。体が冷えて、その夜に一気に熱が出ました。神社へは、静司さんと幸せになりたいというお願いをしに通っています。その日もお願いとお礼を伝えに行きました…タルパとの幸せ祈願、神様も困っているかもしれません。やめませんけどね!
静司さんは熱を出した私に優しく話し掛けてくれて、不謹慎ながら風邪も悪くないと思いました。幸せ…お願いが斜め上で叶ってるような。
メモする気力も無く記録出来ませんでしたすみません。すこしづつメモ取ろう…今書いてる間も心配したのか声を掛けてくれました嬉しい。

と、いうわけで頑張ります。

ハロウィン2019のメモ

やまとと貴緒をマルクが呼びに行ってくれた。
渋々といった感じの貴緒を連れてやまとが登場。

や「トリック・オア・トリートぉ!」
私「あっ何も無い!やっちまったな!」
や「無いの?わかった!」

イタズラはされませんでした。そもそもお菓子無いとイタズラする、って解ってるのかな?

貴「最近会わなかったね?」

嫌味込み込み。そうだね、最近会ってなかった。ダイブ先でも呼ばなかった。

私「やまと、二人とも幸せ?」
や「貴緒はとても大事にしてくれるよ」

恥じらうように目を伏せたやまとの睫毛が美しかった。
コスプレに触れると、やまとはミニスカアーミー?ミニスカポリス?みたいな緑色の…軍服?うーん…とにかく美脚を見せつける感じ。貴緒の趣味だそうで、貴緒自身は普段着。

私「呼んだのにお菓子用意してなくてごめん」
貴「…あんた、こっちに来たら遊びにおいでよ、ハロウィン。ご馳走したげる」
私「(…あ)ねぇ、カボチャのパイ作った?」
貴「は?当然でしょ?」

ちょっと笑った。静司さんの予想当たってた。
そしてデレを見せてくれて嬉しい。

メモを取る余裕、あまりなくて覚えてるところはこんな感じです。
ちなみに静司さんは前の記事で書いたように海外の警察姿で、なんかやまとと被った。並ばせて写真撮りたい…誰かカメラ開発して(他力本願)
このブログでは触れてないですが、やまとと貴緒は結婚した、と言っていい関係?パートナーになっています。貴緒がやまとを「旦那」でなく「やまと」と呼ぶ事に大分経っても新鮮だなぁ…と感じてます。


マルクも私に「トリック・オア・トリート!」をしてきました。やはりお菓子無いので

私「無いの、ごめんね?」
マ「イタズラします!」

パコォォン(マルクが静司さんに叩かれた)

マ「いてっ」
私「…(良い音したな)」

ちなみに静司さんは「トリック・オア・トリート」してくれませんでした。

というハロウィンのメモの一部です。少し遅いですが投稿します。
もう11月…!ひいぃ!
プロフィール

こずえ

Author:こずえ
タルパブログ。
球体関節人形も稀に。
たまに服を作ったり。

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR