FC2ブログ

はじめに※必読

このブログはタルパを知らなければ意味不明だと思います。
空想、妄想、多少?のオカルトが主成分です。

ただいま拍手とコメントを外しております。足跡はお許し下さい。あまり社交的ではないですが、温かく見守ってやってください。
それでも良いという方はどうぞ。
リンクフリーです。
スポンサーサイト



静司さん「甘い汁」って言い方変だよ

記事書こうとすると他の用事を始めてしまう。

私「さ、記事を書くか―」
静「ふむ、ソリティアをせぬのか」
私「え、しようかな」

進まない

私「ソリティア始めるとさぁ、大体静司さんとダラダラ話止まんないじゃないですか」
静「うむ」
私「しゃべり続けてる割に考えてない、脳みそ回ってないから何も憶えてない」
静「さよか、リラックスしているからであろ」
私「ホント?あ。エアコンが熱風を吐き始めた……」
静「早に直せ」

湿気でムシムシしますね。なんか最近雨も半端ないし……

静「さて、運動の時間であろ、頑張れば成果も出るぞ」
私「出てる?」
静「出ておる。少し薄くなった」
私「ポチャ専の静司さんは許しがたくないの?」
静「ぬしの健康の為なら。それから、われはポチャ専とやらではない」
私「ふふふ」

在宅ワークにより運動不足で血圧低下著しく、改善の為に一日数回運動しています。ダイエットも兼ねて。このブログ始めてから何回目ですかね、「痩せる!」って宣言するの。いや、今回ダイエットがメインではないけど……
今、このブログを見て下さってる方ってどっから飛んで来ているのか気になります。ですがチキン故にコミュニケーションできるツールを外しているので真相知ること叶わず。このチキンめ!!

そういえばさっきセブンのタピオカいちごみるくを頂いたのですが、タピオカってお店でこんなに違うものなの?どれがポピュラーなの?グニグニだったりぷにぷにだったりこりこりだったり。

私「静司さんはどれが好き?」
静「うむ、どれもうまい」
私「好きなのは」
静「うむ…どれでもよい」

興味もたないなぁ

静「甘い汁であれば」
私「大体甘いよ」
静「練り切りが食べたい」
私「季節のね……無い、ていうか正直あの上品な甘さを求められても近所に無いから諦めて。羊羹で我慢して下さい」
静「……」
私「フルーツは?桃が有ります」
静「後で頂こう」
私「じゃあ剥きますね」

羊羹もあまり買ってあげてない。タルパへの虐待、とは言わないけどたまの我儘をきいてあげた方がいいんだろうなぁ…

どうでもいいけど大金持ちになれたらタルパ達の金銭の必要な要求も叶えて、ついでタルパ個人達の部屋とか作ってみたいな。

さて、ダラダラにお付き合いありがとうございました。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

犬にスイカを所望されたので買った

七夕でしたがお願い事はしませんでした。他ブログ様で短冊をカーテンフックに掛けた、というのをさっき見て「その手が…!」ってなった。笹なくてもいいじゃない。
今回七夕らしいことはしていないですが、納品の帰りにスイカを買って食べました。なぜならマルクが「スイカが食べたい」とのたまったので。誕生日に欲しいものをやっと言ってくれた!と思ったけどスイカ……なんで?私はスイカ苦手なのでちょっとためらった。けど可愛いわんこの為にスーパー寄ってご飯と一緒にカットスイカ買った。割と美味しいな、って食べながら思った。横で満面の笑みのマルクが尻尾振ってくれてるからより美味しく感じました。遅いプレゼントになってしまったけど喜んでもらえて満足!

ついでさっきの会話

私「なんか疲れた」
静「今日は忙しかったゆえなぁ。朝も珍しく早かった……どうした?」
私「いや、今日さ、目覚めたら静司さんが私より起きるの遅かったじゃない」
静「うむ」
私「寝顔、と寝惚けてぐずぐずしてる静司さんが可愛くて可愛くて!」
静「記憶から消せ」
マ「ていうかあるじなんて、毎朝俺たちに寝顔みせてるじゃないすか。俺ら観察してますよ」
私「見ないで」
マ「かわいいっす」
私「そういえばマルクって夜も仕事してんだよねぇ」
マ「褒めてくれるんですか!?」(尻尾が揺れ始める)
私「えらいねぇ」
静「ぬしより勤勉よな」
私「そうね」
マ「へへ」(にっこにこ)

昨日遅かったのですがその理由がYouTubeです。学生時代に聴いた曲を聴いたら止まらなくて……!当時のアニソンや林檎さん、銀杏、鬼束ちひろさん、ニコニコ。やばい。脳内麻薬が出まくって昔の一番病んでた時のエネルギッシュさを再現された。音楽、香水、絵画やアニメとかって記憶のスイッチですよね。二度と戻りたくない時代なのに気持ちよかったです。
そんな神経尖った状態で眠って、朝起きて、静司さんのすやすや寝顔見た時の安心感。たまらんです。思わず布団ごと抱きしめて甘えたくらいです。ありがとう、ほんとに。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

人工精霊もどき犬の誕生日

パソコンでソリティアに興じていたのですが、まだ少し慣れなくてヒントを頻繫にクリックしていました。静司さんと話しながらで集中力も無い。三回目を楽しんでいて、ヒントを一手毎クリックしたところ

静「ぬしの脳は死んでおるのか?」

と呟かれました。失礼すぎ。
いや、ほら初心者だからさ……(言い訳)

そんなことは置いといて、マルクの誕生日レポを少し。最近ブログ更新しまくってるな…まあいいや。
眠いので短くまとめます。

まずマルクの誕生日だ!って気づくのが遅かった。昼食後くらいに気づいて、おめでとう!と祝って速攻でダイブした。
箱庭の屋敷の広間でマルクとじゃれつき、とってこーい!とおもちゃを庭に投げて遊んだ。

私「とってこーい」(渾身の力で投げる)
マ「あるじ投げる力弱いっすね!」

と若干笑われた。

私「これ、ほら、投げにくいね!」(言い訳)
静「ひひっ」
マ「もっと投げて!もっと!」
私「あ、これ!これにする!これ投げるわ!」

巻貝みたいな形のゴム製で中におやつ入るおもちゃがあったのでぶん投げる。結構飛んだ。

静「おお、上手よな」

こんなおもちゃ無かったので静司さんが用意したんだな、と後で気づく。
マルクの体力が鬼。静司さんにバトンタッチすると今度はフリスビーで遊び始める。このフリスビーも新しい。マルクはあまり上手くキャッチできない感じだったけどすぐ順応。そして静司さんの投げ方プロ……。

少し落ち着いたところでご飯。
静司さんの用意した魚を乙葉さんが運び込んでくれた。マルクを囲うように誕生日席風に座る。マルクのご飯皿をそのまま置くと低かったので、乙葉さんに高さのある膳?みたいな台を出してもらった。
ハッピバースデーまーるくー!
と定番ソングを歌い、いただきますと手を合わせる前にマルクが我慢できず食べ始める。マルクのご飯は少し塩味のあるスープとしっかり茹でた魚の美味しいとこ、らしい。

静「おかわりもあるゆえな?」
マ「(ガツガツガツ)」

すごい食べっぷりでおかわりを所望していた。
私にはお吸い物、煮込み、刺身だった。全部魚だけど美味しかった。とても美味しかった。
静司さんは少し食べて終わってた。

なんかマルクは可愛いし静司さんはかっこいいし。

……すごくよかった。

というレポでした。
読んで下さってありがとうございます。おやすみなさい。

静司さんに質問攻め。好きなもの知りたいだけ。

静司さんに「好きなもの」を質問攻めしてみた、というだけのメモです。
面白い話は特に無く、本当にただの質問攻めを記録しただけです。
なので追記行き。


 
 
 
 

 

続きを読む

プロフィール

こずえ

Author:こずえ
タルパブログ。
冴えない女がタルパに交際を申し込んでからの生活と会話メインです。
足跡拍手コメント外しております。

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR