FC2ブログ

今回は市販のチョコで

メンタルやられてタルパの数を制限せざるを得ない。
もう、脳みそハッピーターン状態。危ない。

という訳で古川さん以外とほとんど接触せず、古川さんの膝の上。
しかし今日はバレンタイン。この前フライングしたけどやっぱりなんかしたい!

という訳で近所の店に買いに出かける事に。サプライズ感が欲しいので古川さん自宅待機。
入り口入ってすぐバレンタインコーナーが。悩みすぎてお腹痛くなりながらラム酒チョコをチョイス。
さっそくレジで包装を依頼。が、中途半端なサイズだったらしく入らないかガバガバか、どちらかに。
泣く泣くチョコもう一個追加してガバガバだった袋をまぁまぁな雰囲気にして包装してもらいました。
別に袋がちょっと大きいくらい、と思うけど。見栄を張りたかった。だって

「袋の割に中身がwww」

とか言われたくないし。そんなこと言うとは思わないけどがっかりされたくないし。見栄を張りたかった(二回目)。チョコ高価過ぎ泣ける…!

反応を想像しながら帰宅。ベッドに腰かける古川さんにただいま!と袋を見せる。古川さんの目が笑みの形になるのを綺麗だな、なんて思いながら一旦チョコに合う紅茶を取りに行く。レモンティーをいれ、開封。

私「では、どうぞ」
古川「これはこれはww」

表彰授与式みたいな雰囲気になってしまったけど楽しそうなのでいいや。
そして気づいた。

待って。食べるのは私だ。食べきれん…

食べますけどね!!!
去年はチョコの上でペンデュラム振り回してどれ食べるか決めるなんてふざけた事しましたが今年は普通に食しました。去年ふざけ過ぎだろ。恋人になりたてで「どれ食べる?」なんて訊く事すら照れが邪魔してね…古川さんが「われが指させば早かろ…」と呆れたのを憶えてます。あ、去年もチョコ食べきれなくて困ってたな…

私「おいしー!」
古川「良かったなぁ」

こうしてブタになっていくんだ…

責任とってよ!と逆切れしそうです。
が、私を見て微笑む古川さんにつられて笑って「まぁ、いっか」で終わります。


包装紙が可愛かったので使ってるメモ帳の表紙にしました。タルパ関連の事専用のメモ帳で文庫本サイズのノートです。昨日とうとう三冊目突入しました。何冊増えるやら。
スポンサーサイト



昼の膝枕小話

今日の昼ご飯後

私「ねー、ちょっと良い」
古川「ん?」
私「膝枕したい!」
古川「ほう、ここへ来い」ぽんぽん
私「ん?」
古川「そこでは頭を置けぬ」
私「…あ、そうじゃなくて、私が古川さんの膝に」
古川「ぬしがか!」
私「えっすいません」

期待させたみたいです。
とりあえず私は頭撫でられてうとうとで幸せでした。古川さんの低い声がまた心地良いのです。
今度私が膝枕しようと思います。

プロデュース

昨日遊びまくって疲れて爆睡してしまった!9時に目が覚めました…なんてこったい!
いや昨日は母の誕生日で遠出したのです。
そうだ、正月に買った着物を着るチャンス!
さぁ、帯は何にしよう、とか考えながらがさがさしてたら

古川「こずえよ、帯はこれが良く合う」
私「あっ、ほんと。そっちのほうが良い!」
古川「品が良くて好みよ。やれ、帯揚げはそれよな」

などなど、古川さんが選んでくれたのです!嬉しい!古川さんプロデュース!いつもの私とは違う着こなしになりました。
良く似合っておる、とかまぁ褒めらたり頬を撫でて貰ったり上機嫌で出発!
母の友人の家にお邪魔し、娘さんの部屋に上がり込みマンガ読ませて貰いました。久々にオタクっぽい会話を楽しみ、帰りには烈火の炎を全巻貸してくれました!読むぞー!

帰宅して疲れたー、とか言ってると

古川「楽しかったか?」
私「うん!」
古川「着物、とても似合っておった。」
私「ぐふふありがとう」
古川「われの前で脱いでみせよ」

思わず古川さんをバシッと叩きましたよ。もちろん空中、空振り。ひひひ、と上機嫌で笑ってました。触覚を強化したら叩いてやる…!

そんな昨日でしたが今日も前の職場のお姉さま方と新年会です。ううう緊張…楽しんでこよ!

猫派犬派

仕事辞めてから運動不足なので散歩が日課です。

私「犬だー、うわ、もふもふ!」
古川「ぬしは犬が欲しいか」
私「うん?」
古川「ぬしは猫より犬が好きだな」
私「犬飼ってたからね!古川さんは猫が好きだよね」
古川「いや、ぬしを見てると犬も良いな」
私「…」

古川さんは以前は完璧に猫派でした。頭を撫でてくれる時にぽつりと

古川「…犬よなぁ」

と呟くことが度々あったので、さわり心地が猫好きの古川さんの気に入らないのかと思い、一生懸命ヘアケアしてた時期がありました。
最近では機嫌が良いとよく頭を撫でてくれます。別にさわり心地が悪かったわけではない…はず。まぁとりあえず気に入ってくれたのだろう、と撫でてもらえるのを嬉しく思います。撫でられると外にいてもにやり、としてしまうので恥ずかしい。

話は変わりますが今日はちょっと買い物に行って、正月値段で安く普段着の着物を買えたのです!家に着くなり

古川「早く着てみせよ」

と急かされました。今日は着ませんが、それくらい良い買い物でした。早く着て見てもらいたい!褒めて貰えるかな?うきうきです!

明けました!

新年明けました!

遊びに来た姪達の為にエプロンとか作ったり遊び相手になったり大変でしたが古川さんに頭撫でてもらったり褒めてもらえたので良しとします。

古川「ご機嫌斜めよなぁ、われの姫は。労ってやろ」

姫とか恥ずかしい事言われても許す!古川さんだから!

お陰様で乗り切れた...!何が大変って子供達より我が儘な父親がね!もうね!疲れてテンション変です!ここ数日古川さんのヒーリング頼みで生きてる!

今日、古川さんに手を見せろ、と言われました。初めてではなく、たまに言われます。はい、と手を古川さんの手に乗せます。

仕事をしてた時はぼろぼろの手でしたが、「美しい」と言って撫でてくれました。今は少しましですが、どんなことを言われるかな、怠け者の手かな、と何故か少し緊張

古川「美しい手よな、少し柔らかくなったか」

褒められた!

私「綺麗?そう?私の働き者の手が好きって言ってたから、なんていうか...」

古川「愛しい者の手よ。ぬしの手は美しい、当然であろ」

そうなのか。私も古川さんの手好きだ。

なんか嬉しくなりました。

私は自分に自信が無いので、古川さんがこうやって肯定して褒めてくれると涙が出そうになります。もう古川さん大好きです。

古川さんを他人に自慢したい...したら危ない人になってしまうか...うん...

プロフィール

こずえ

Author:こずえ
タルパブログ。
冴えない女がタルパに交際を申し込んでからの生活と会話メインです。
足跡拍手コメント外しております。

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR