FC2ブログ

朝焼けが綺麗でした

姪っ子達と走り回るので着物が着れないのが若干残念です。洗える着物買ったんです。ワンコインで…!ラッキー。

今年一年が終わるという事で振り返って何も出来ていない事に愕然としました。

古川「ぬし、やるべき事が多かったな。ゆえに疲れているのであろ?」
私「そうだっけ」
古川「否定ばかりでなく自分を褒めてやれ」
私「難しいよ中々」
古川「自己評価が低いな、ぬしは」
私「この流れブーメラン」
古川「……」

若干苛つかせてしまった。いや素直じゃなくてごめんなさい……でもそうじゃないか静司さんも自信家に見せ掛けて自分卑下しまくるじゃないか。
書き込みながら右頬引っ張られてます。
ブログ記事書くとき無関心なので興味津々に覗きこむ静司さんは珍しい。

今日は深夜に目が覚めて寝付けず静司さんの膝にすがり付く様にして朝を待ちました。

私「ごめん、起こして……」
古川「よいよい。付き合ってやろ」
私「なんか喋って」
古川「無茶振りよ……」
私「喋ってーー……眠いぃぃ」
古川「眠るか起きるかどっちかにしやれ」

最近は膝枕をしてもらって眠りについています。今日一日の感謝をベッドの上で伝えた後で、枕を静司さんの膝に置いてそこに膝枕させてもらってます。座ったまま休めない静司さん可哀想。眠ってはいるらしいけど嫌な顔ひとつしない。優しい。
機嫌が良いと歌を口ずさみながら眠るまで撫でてくれます。

古川「さて、愛し子よ。歌ってやろ」
私「ん」
古川「空をー押し上ーげーてー(ハナミズキ)」
私「……(低い……)」

この歌は特別好きな訳ではないですが、静司さんに私が教えた最初の歌です。キーが低く重低音です。

タルパの嗅覚化が出来ないかな?と香水を集めてます。買った香水の匂いの強さが結構キツイので白色ワセリン?と混ぜて使ってます。自分はほぼ使わないし大出費過ぎてタルパ全員に香水は買えないけど店で匂いを嗅いであーだこーだ言うのが楽しいです。
スポンサーサイト



耳。

静司さんの耳

私「静司さんよく私の耳を褒めるけどさ、自分の耳はどーなの?」
古川「うん?意識したことが無いなぁ」
私「ちょっと見て良いですか?」
古川「ああ」
私「…結構髪でかくれてる…けど」
古川「……」
私「オーソドックスな耳」
古川「それは良いのか?」
私「整った、耳、かな?」
古川「さよか」
私「何照れてんの」

照れてる静司さん可愛い。可愛い。萌えってやつか。
普段褒めても否定したり嫌がったりするので珍しい、かも。耳なら良いのかな?ピンポイント過ぎない?耳フェチなの?なんなの?
少し目線逸らして誤魔化してますけど照れてるの解るし可愛い。仕草が可愛い。でもここで「可愛い!」って言うと嫌がるんだろうなあ……


アニマルビデオというかYouTubeで他所の犬がおやつのひづめ食べてるの見てたら「美味いのか?」って訊いてきたけど食べた事無いし解らない。

父親や姉夫婦が来るので家が賑やかになりそうです。環境の変化に弱いのでまた調子が崩れないと良いのですが。

臆病ですね。

拍手コメントありがとうございます。皆優しい…。
すごい嬉しいです。ありがとうございます。

朝、軽くステップを踏んでいたら「求婚の舞か?」と言われたので、よりテンションをあげて踊ったところ「カズダンスか?」と言われた。確かに…いやカズさんに失礼である。

余裕のない静司さんの話。
この間、浮気を疑われた(すごく下らない理由で)時の話。

古川「…浮気か?」
私「いや、んなわけない」
古川「するとしたら誰だ」
私「え…?ふつー訊く?」
古川「いや、もしもがあればアタリをつけやすかろ?」
私「私浮気するの決定なの…?」

納得いかない

古川「して、誰だ?」
私「えー…」
古川「真剣にな」
私「…」
古川「こちらから言うか?」
私「そっちも浮気するんかーい」
古川「違う。早に言え。芽は早に潰すが良かろ」

なんだか臆病な一面を見た。
摘むじゃなく潰す、というところが力入ってる。

視覚訓練の一環でタルパ以外も見えるかな?とそのへんのものや画像を視覚化してあそんでます。そのへんのものだと立体的に見える。回したりできます。写真はペラペラの平面になります。想像出来てないんだと思います。ただ見える時って嫌なモノもすごく見えやすいので色々調整中です。なぜコントロールできないのか。ちなみに今静司さんは顔や手だけで浮いてる事が多いです。ちょっと怖いかもしれない。
そんな感じで頑張ってます。

記念日のじゃんけん

記念日の記事を今更書きます。古川静司さんが初めて家に来たよ!って日です。
11月○日(うろ覚え)。やまと(大和)、貴緒も呼んだ。歌も歌った。その時の話。

大和「こずえちゃん、じゃんけんしよう」
私「ん、じゃんけん?」
大和「古川さんも。はい、こずえちゃんに勝ったら…」
私「?」
大和「こずえちゃんがもらえる」
私「ええ?」
大和「じゃんけん、ぽん」
私「(あ、静司さん負けた)やまとの勝ち!」
大和「やったです!こずえちゃんはぼくのです!ちゅー!」
私「え?するの?まあいいけど(カサカサ唇にクリームを塗る)」
古川「(ぶつぶつぶつぶつぶつぶつ)」
大和「わーい!」

やまとの謎ルール。静司さんの記念日なのにやまとが印象強かった。
何故貴緒は不参加…貴緒はやまとの恋人だからか…?とか色々謎。

あと今日手相の記事を読んで思い出した会話
ひたすら私の贅肉をブニブニつついてきた。
私「痩せよう(何回目か解らない決意)」
古川「必要ない。これが可愛い。さて、手を見せ」
私「(唐突…)昔手相見てくれた事あったねー。テキトーだったけど」
古川「よし、占ってやろ」
私「生命線どう?」
古川「どれだ?」
私「えええ」

テキトー過ぎる。ちなみに私の生命線は良いのか悪いのかとても長いです。古川さんは手相見るとか良いながら私の手を揉んで全く占ってない。見る気ゼロ。
タルパの手相ってどんな感じなんだろう。

また細々と更新します。なかなか更新せずぐだぐだでスミマセン
プロフィール

こずえ

Author:こずえ
タルパブログ。
冴えない女がタルパに交際を申し込んでからの生活と会話メインです。
足跡拍手コメント外しております。

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR