FC2ブログ

ダイブダブル?デートした。

少し前の記事で書いた、静司さんチョイス浴衣でお祭りデートが叶ったよ。という記録。

とても長いので追記です。お時間がある方はどうぞ。

続きを読む

スポンサーサイト



タルパのプロフ更新しました

タイトルの通りです。お手伝いさんとマルクのイラストを追加しました。
せっかく描いたのでここにものせます。
15635139830.jpeg


お手伝いさんですが名前決まらずなので、お手伝いさん、としか書いてません。
プロフを更新するときも思いましたがpcで見ると画像でかいですね。びっくりです。
彼女が持ってるのはそれっぽくホウキです。こん棒では無いです。手がでかいですね、気にしないで下さい。髪型は後ろで小さく纏めてるけどしっかり見たことが無い。毛の流れが後ろに行ってる…ように見えてる。ショートカットなのかな?ただ髪の毛をざらりと伸ばしてるのは見たことないです。
顔より体に力入ってます。顔はざらっと描けても服とか動きとか難しい…服ですが解るか解らないか位でエプロンをしてる風に描いてます、が普段はしてません。それっぽくしようと思ったけど、いつも普通なシャツ(少しフリルとかついてる)と長めのギャザーあるいはフレアのスカート姿です。頭に頭巾をしている時もあります。

お手伝いさんのイラストで力尽きた。

15635154850.jpeg

力尽きた。体を描けなかった。…ごめんねマルク。
なんか金髪でタレ目でガタイ良いので、作った当初ハガレンのある人ぽいと思った…こうやって見ると似てないですね。でもたまに似てる、かなあ?うーん似てない。
匂いを嗅ぐのが好きでなつこい。ミントとか犬にしては強めの匂いも好んで嗅ぐし喜ぶ。
ゴールデンレトリバー型の姿を描こうか悩んだのですが何度見ても普通の…言い方悪いけどよく見るゴールデンなので、「ゴールデンレトリバー 画像」って見たら、「あーマルクってこんななんだな」と、思って下さい。敢えて描くよりそっちの方がが解ります。ゴールデン可愛いね。
待機中私の腕に前足をかけて引っ張りナデナデを催促します。いい子ですが大きい子供です。仕事を与えると一生懸命パトロールしたり、お座りで警戒します。基本犬型でお仕事です。最近暑いからか犬だからか息遣いで気配が解る。人型の時は気配探りづらいし、視覚としても認知しづらい


いつもどおり木曜日当たりに一気に更新しようと思っていたのですが、メモを見て「記事1つに纏めるには長いかも」と思い更新です。

いつも見て下さって有り難うございます。
それではまた。

買い物デート(自室)

人工精霊犬(?)のマルクが馴染んできました。人型をとるより犬の姿でいることが増え、寝起きに顔を舐めてきたり実に犬らしいです。匂いを嗅いだりなでなでを求めてきたり…少し大きめのゴールデンレトリバーですね。私にマーキングをしようとして静司さんにしばかれてます。縄張りのおしっことかではないけどかじりつこうとしたりとにかく匂いをつけたいらしい。
私が静司さんにいじられると唸って私を守ろうとしたり…二人とも怒るとエフェクト?が禍々しく、口から炎吐きそう。とりあえず今はそんなかんじです。



ダイブ世界の話。
寝る前に静司さんに「買い物したい」とねだってからダイブ世界へ降りたところ、商人さんが屋敷に来ました。

私「え…?(誰?)」
商「では、今回は反物からですね」
静「うむ。良いものを頼む」
私「反物…?」

商人さんが色見本のような反物をしゅるしゅる広げていく。

静「買い物したいのであろ?何着か作らせよう」
私「思ってたのと違…いや、何でもないですありがとう」

いやいや、買い物っていうかデートしたかったっていうか…
でも見本の反物は綺麗で、中には細波のような動く地模様のファンタジックなものもあったので楽しむ事にした。なんか違うけど嬉しいので。

いつもの部屋に広がる色とりどりをにらめっこして考える。どれも色見本なので、ほぼ無地。
静司さんはすぐに淡い色の反物を指して

静「この色に藤を描けば美しいやもなァ…ぬしに合いそうだ」
私「おお(藤の花が好き)」
商「お顔映りをみましょうか」
静「我がやろう」
商「かしこまりました、こちらを」

静司さんらしいチョイスの色。なんか褒めちぎられ一着決定。ていうか柄とか描いてくれるんだ…!合間に商人さんと話すと、普段は売る人というより染める人らしい。よく分からないけどそのわりに手が綺麗だった。本人は反物を作る妖怪、なんて冗談を言っていて、畏まった口調で書いてるけど結構フランクな方でした。
反物を広げて巻いてが早くて、能力なのかなんなのか自動で巻き取るメジャーみたいだった。

静「浴衣も欲しがっていたな?」

何着か注文。決めるの早くて付いて行けなかった…。
できれば今回作った浴衣でデートするんだ…!お祭り連れてってくれないかな…やまとと貴緒と…皆で花火したい。
と言ったところ

静「打ち上げ花火をあげるか」

規模が…
それも風流だけど線香花火がしたかったのです…説明不足でしたがもちろん打ち上げ花火も素敵。あと外の世界また見たいな。
この屋敷のある静司さんの箱庭世界では花火をあげるくらい造作もないことらしい。季節を変える、という事すらできる位自由自在。

今回に限らず静司さんはすごく尽くしてくれるので逆に「本当に?」ってなります。こちらの世界では干渉ほぼできませんが言葉を尽くしてくれます。褒めちぎられると嬉しくてガチで涙がでます。今まで馬鹿にされたり無視されたりした経験が消える訳ではないですが慰めてくれる人がいるのは大きい。すごく大きい。

ありがたや。

人工精霊…?

タイトルの通り人工精霊をお迎えしました。正確なところは解りませんが我が家のタルパ達との違いはよりしろが必要?本体?な事。これが少し楽で、タルパ達は気まぐれに私から離れる事がある、のですが、人工精霊はよりしろさえ持ち歩けばずっと一緒。距離が物理(謎)

とりあえず名前はマルクという男の子です。モチーフとしては犬をイメージしています。
1日に何回かお願い事をして、達成したら褒めてます。よりしろを身に付けているから一緒にいるのが当たり前ですが静司さんに警戒されています。迎えた初日は静司さんとマルクとやまとと貴緒が別々な事を同時にしゃべり「聖徳太子になりたい…」と思いましたが各々距離感が定まって楽になりました。

マルクのよりしろは眠る際、枕元に置くのですが、素で置くのが嫌で「座布団(クッション)を作ろう」と提案。中身はせっかくなので浄化も兼ねるアメジストのさざれに。

マ「さざれなんていいですよ!」
私「なんでー?」
マ「いや、俺なんかに、そんな」
私「んー?」
マ「てか、浄化はいいです!俺、あんたと居れば浄化されますから!」
私「違うよ、私といると汚れるんだって!」
マ「そんなことないっす!」

綿でいい、と言ってましたが残念、家に綿がない…と言ってさざれを詰めた座布団を作りました。

15626561760.jpeg


比較対象をいっぱい置いてみた。のでかなり小さめなのが解ると思うのですが、よりしろは小銭サイズなのでこれでも大きいです。
私は邪念が多いので浄化は大事だと思ってます。さざれだけでなく香を焚いたりもしてます…これで間に合うのか。

マルクのよりしろを選ぶのに色々選んで画像や実物とにらめっこしたのですが。今でも楽しくてパワーストーン等を見てます。その時のひとこま。

静「この石よりぬしの方が綺麗よ」
私「(何故そこで比べる?)…そう?」
静「生き物感がヨイ」
私「ん?い、生き物?」
静「いやはや、可愛い。だらしない身体も美しいなァ?」
私「褒めるか貶すかなんなんですか?」

あと、それは生き物感でなく生活感の方が近い。だらしない身体は許して。
多分画像見てるあいだ相手しないので気をひきたいのかと。不器用か。

マルクと静司さんは仲があまり良くない?ような気がする。マルクは私が静司さんに依存するのが気に食わない。静司さんはマルクに二人の時間を割かれるのが気に食わない。とのこと…あっなんか私今モテてる?と勘違いしかける。

私「静司さんとマルクの関係がいまいち…」
マ「?ふつうっすよ?ライバルっす」
私「普通…?」
マ「同じ星を取り合う戦士っす」
静「取れるものなら取ってみせ」
私「…」

徐々に馴染むのを期待します。マルクの「好き」は飼い主を慕う「好き」です。番犬として飼い主を護ってくれています。
長くなるのでこの記事では書きませんがマルクが犬らしいご褒美を所望した話を今度書きたいです。
お願い事をすると敬礼までして爽やかに「了解っす!」と言ってくれます。いつかイラスト描きたい。お手伝いさんも描きたい…

大丈夫か?

ちょっと前の記事を見て思い出した。静司さんのよりしろは私、という事を言われていた。

静「一蓮托生よォ」

とりあえず死ぬまで一緒なんだろうか?
一生変わらない、というものは珍しい気がするので、少し怖い。正直。

静「(われが)ぬし以外の女に『可愛い』と言ったら、ぬしはどうする?」
私「えっ?どっちを殺すか?ってこと?」
静「ぬし、恐ろしいな」

物騒ですね
静司さんの気持ちが変わったら…耐えられるのかしら?そもそも自分の気持ちは?
考えるだけ無駄のような。愛を誓っても別れる人は別れる。


こないだ少し「他人から見える」事が羨ましくなった時

私「静司さんが他の人にも見えたらなー、羨ましくなった」
静「他人に認められたいのだな。…そんなに目を潤ませて、大丈夫か?」
私「大丈夫です」
静「…ぬしのその涙を全て啜ってやりたい」
私「変態め…」

拭ってやりたい、ではないのか。
普段「大丈夫」って返事をすると大体「大丈夫じゃないな」と頭を撫でられる。いや「大丈夫じゃないです」って中々言えないですよね。
ていうか無理な事、どうしようもないワガママ?愚痴?を言っているのに逆に気遣いを見せてくれるのとか本当にすごい。静司さんすごい優しい。


病院で不思議な質問をされました。

先生「上半身と下半身が切り離されたらこずえさんは何になるの?」
私「え?てけてけですかね?」
先生「わかりました」

何がわかったの…!?

てけてけになるとは思ってない…!てかてけてけを知ってるの?皆さんは知ってます?なんか学校の怪談とかに出てくるお化け?なんだけど…何か上半身だけのやつ。昔過ぎてストーリーは忘れた。

お化けと言えば(?)ポケモンの映画!ミュウツーカッコいいですよね…!昔映画館で見たときを思い出します。ゲームボーイ(赤と緑)でもミュウツーをゲットしたくて頑張った。マスターボールを使うかハイパーボールか…!なかなか捕まんないし悲しい事に倒してしまったり…一回ハイパーボールで捕獲されてくれた時には感謝感激でした。いまはモンスターボールも種類いっぱいらしいですね。色んな種類に驚いてたら

静「ぬしが小さくなるならばこうして持ち歩くのだがなぁ」

人間には無理です。
モンスターボールはポケモンの小さくなる特性?を利用するらしいです(諸説あり、らしい)。昔すごい不思議だった。

ふと思ったけどよりしろの有るタルパとか人工精霊みたいじゃない?



また長くなりそうなので終わります。
それではまた。

ダイブのメモ

ダイブメモ

先週位のダイブ。貴緒、やまとが出てきます。
長いです。もし興味のある方は追記からどうぞ。

続きを読む

プロフィール

こずえ

Author:こずえ
タルパブログ。
冴えない女がタルパに交際を申し込んでからの生活と会話メインです。
足跡拍手コメント外しております。

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR