FC2ブログ

前記事の後

私「静司さん、マルクをあっちの庭に住ませたい」
静「住ませるのか…?」
私「マルクが私に四つ葉のクローバー探してあげたいって言ってくれた」
静「やつにさせずともわれが一杯見つけてやろ」
私「…えっと、マルクも探してくれる…ので、箱庭のクローバーの数を増やしてほしくって」
静「良かろ。四つ葉など一つも生えぬようにする」
私「…意地悪だ!」


どうでもいいおまけの会話
泥水に溺れているような気分に陥り、「助けて」と静司さんにすがった時の返事

静「あい、ぬしをこの泥水から救いだし、清水で洗って天日でかぴかぴになるまで干してやろうなァ」

かぴかぴ?干物?
保存食なのでしょうか。
スポンサーサイト



マルクの気遣い

あちらへ行ったら。我が家のワンコタルパとの会話。

私「マルク、私、あっちで幸せになりたい」
マ「俺は不要ですか?」
私「ううん、箱庭のお庭ドッグランだよ」
マ「あんたと一緒に散歩するっす!」
私「一緒に?」
マ「あんたのために、四つ葉のクローバー探すっす!」

ゴールデンの笑顔のなんと尊いことよ。ありがとうね。
静司さんに庭の芝生にクローバー?しろつめくさ?増やすように頼もうと思います。花冠作ってあげたい。
私は不器用なのですが、静司さんは器用に花冠を作って私の頭に乗せてくれました。なんだか幸せな記憶ですね。

静司さんの語り

私が休んでる時の静司さんの独り言?たち

ぬしこそがわれの天使だ。
ぬしを捨てる等ありえぬ事よ。
例え星が滅んでも、われはぬしのカケラを集めて旅に出よう。
うつくしきものをぬしと見るのだ。
ずうっとわれが連れてってやるゆえな?
二人だけの旅よ、良いなァ…


覚えてるところだけひろいました。言い方とか少し違うかも知れませんが…
独り言、と表現したのは返事を期待してなさそうだからです。
私の亡骸を抱えて旅するのかな?魂をつれてくのかな?

寂しくなると

私「ねー、さみしいからかまって」
静「おお、よいよい。ぬしが心地よく居られるようにしてやろ」

横に座ってくれる

私「ほんとですか?」
静「さよう」
私「お話聞いてくれる?」
静「当然よ。ぬしが寂しくないように大事に大事にしまって愛でてやろ」

頭や頬をさすってくれる

私「しまうの…?まあいいです」
静「ぬしが眠ってしまうまで、そうよな、目覚める時もそばにいてやろ」
私「起きたら静司さんがいるの?」
静「さよう、眠れぬ時は唄だって歌ってやろ」
私「唄はいらない…」

すごい重低音で唄ってくれるんで逆に眠れない


今は眠る前にお祈りをして、二人で横になります。(マルクは布団の上で辺りを見てます)
寂しくてずっと静司さんに話し掛けて徐々に眠ります。なのでその間静司さんは眠れないのですが文句を言われた事はないです。ていうか静司さん優しすぎるので切なくて寝ながら涙が出てしまい鼻が詰まることもしばしばです。
できることなら静司さんとあちらへ行きたい。まだダメですが。

気が早い、ハロウィン

私「ねぇ、ハロウィン何しよ?」
静「うむ?何がしたいのだ?仮装大会か?見に行くか?」
私「うーん、仮装といえば、学生の頃衣装有ったけど…」
静「売ったのであろ?…そうよな、ここで二人で過ごすか?それとも…」
私「静司さんとイベント見に行きたい気持ちも有ります」
静「せっかくであるものな、二人仮装して出るか?」
私「静司さんが!?」
静「あれよ、…名前が…ケンタッキーフライ…ド…チ…」
私「…(ファストフード?)…あ、フランケンシュタイン?」
静「さよう…うむ」

急にチキン、いやカーネルサンダース…?と戸惑いましたが可愛かったです。言いながら「なんぞ?ちがうなァ?」って難しい顔してました。可愛い。
仮装して出ることについては、行きたい気持ちと外の危なさを天秤にかけてなやんでました。お家パーティーも良いけど外でたくでぐずぐずいってしまいました。何の仮装しようか楽しみ!静司さんの仮装姿とか写真が撮れれば良いのになー誰かこっちでもあちらでも見れる写真とか開発してくれ…!
お出かけしたいわがままに付き合ってくれてありがとう静司さん!
皆さんはハロウィンをタルパとどう過ごすのでしようか?
まだまだ先ですが考えるの楽しい。

複雑、の日常会話メモ

静司さんに優しくされて嬉しくてぼろぼろ泣いてたら夕方でした。作業全くしてない…
静司さんに愛されて幸せだな、と感じたり嬉しくなった時、マルクに幸せな感情をお裾分けしてます、が

私「(よりしろを触る)マルク、お裾分け」
マ「いや、いらないっすよ!」
私「え、反抗期?」
マ「ぐっ、そうかも…しれないけど…とにかく、…複雑です」

私の静司さんへの歪んだ依存による愛、で出来た幸せは貰うの複雑らしい。犬って表情豊かですよね、困ってるのが表情に出てました。じゃあ何をあげればいいのか。
複雑といえば今日、やまとを呼んで少しお話をしました。その中で

私「複雑だねぇ」
や「ぼくがぼくであるだけです」

お互い「性」についてすこし話をしたのですが、やまとはなんだろう…かっこいい。かわいいのにかっこいい。
貴緒はあちらでお留守番。やまとだけ、って珍しいような?
マルクは私とやまとが話をしている横でお座りをして、静司さんはただ微笑んで話を聞いていました。

人の形のよりしろって?

よりしろについて静司さんと駄弁った時の。
正しいか正しくないかは知りませんがよりしろの形について。タルパのよりしろについてではないです。

静「ぬしはよりしろをどう思う」
私「どう?…どう…??」
静「(マルクのよりしろのような)石の玉と人形(ひとがた)よ」
私「えー?(急になんだ?)私に訊かれても、…どう思う?」
静「われは人形の方が良いと思うぞ、念が入りやすい。人の形は入りやすかろ、その辺のナニカも、な」
私「えー」
静「ぬしはぬしの人形を壊せるか?」
私「ひぇ、無理」
静「ほぅれ、念や思い入れがあるであろ」
私「丸い石とかにも…何千何万何億年の記憶があるかもよ?」
静「ふぅむ、あるやもなァ?」

この後、人形を「インスタントに」念を入れるのに適しているのでは?という話が続きました。よりしろとしてどっちが良い、じゃないですね。
家に樹脂製の球体間接人形が四体あって、それを静司さんは知ってます。愛着があり、名前もあり、なんとなく頭を撫でたりたまに話し掛けたりします。人格が勝手に出来てる。一番古い人形などは愛着がかなりあります。なので壊せない。壊れたら…捨てるのかな…人形供養というものもあるので確かに人形は霊的なものが宿るのかもしれないですね。
石の話で思ったのが、地球上の物は大抵地球の記憶ありそう…自然に限らなさそう。人工とは人の手によってかたちや性質が変わったもの?化学反応してもなんでも大抵地球上にあるものがもとになってるので神経質に自然と分けなくても良いのかも、と思います。てか地球の記憶は宇宙の記憶?コスモス?光の声がそら高くきこえる?君も星だよ?(合唱?)…
COSMOSは学生の頃好きだった歌です。混乱してきました。眠る前にこんな事考えるから頭廻ってないですね…本当にすみません。でもこのまま記事にします。記録?記憶?(混乱覚めず)

この記事は初の予約投稿です。なんとなくやってみたかった…便利ですね。
おやすみなさい。


指切って拳で殴られて針を飲むの?嘘でしょ?

静「ゆびきりげんまん、ぬしを幸せにできなんだら針千本飲も」
私「飲むの?(アバババ怖っっ!怖い!)」
静「飲まぬよ、ぬしを必ず幸せにするゆえ、飲まぬ」
私「言ったね?(ヒェェ必ず幸せになるから!飲まなくていいから!)」

怖いわ。
なんか昔イジメ問題の漫画で女の子が針をざばばばっと出して「飲んで」っていうシーンあった。怖い。
静司さんは基本怪我しないし、死ぬ、という事も多分ない。

ていうかこの会話、別に私が「幸せにしろおお!」とか叫んだ訳でなく、部屋で普通にまったりしてたら急に始まった。
指切りとかまじない的な物はタルパとするの怖い。絶対、とか約束、とか。私だけかな?

ばいがえしだ!

私「ちょっと意地悪したくなった!」
静「よいぞ。百倍で返すゆえ」
私「え?百…!?」
静「めっためたにするゆえ」
私「おお…」

「めっためた」って可愛いくないですか?
短いですが忘れない内に記事にしようと思いました。

気を張らない

食欲全開になって夜食が美味しいです。
体型も横に伸びてきて、静司さんが嬉しそう。

静「前のように柔らかくなるのか?」
私「うーん…そっちが良いの?」
静「ころころして愛らしいゆえ」
私「…」
静「てでぃべあのようで、とても愛らしい」

横から見ると似てるね。可愛いかどうかは置いといて、シルエットは近い。
なんか静司さんといると気を張らなくてよくて、欲望のままに食べてる。
気を張らないムダ毛処理の一幕

私「くそ、全部抜けろぉぉ!」
静「…生命力を感じるなァ」
私「静司さんポジティブですね」

手入れから化粧、風呂の時まで一緒なので飾ろうにも飾れない…言い訳ですね。
あまりに気を抜きすぎて静司さんを怒らせる事もあります。まあ滅多にありませんが。
静司さんは海のように心が広いよ!
最近では前、記事を書いた時に静司さんを怒らせてしまったくらいかな…半泣きで謝ったら、「怒ったふりよ」と言われて力抜けました。
あとは、

私「よりしろは大事にしなきゃ」
静「われもぬしに自分を大事にしてほしい」
私「あ、」
静「傷つけるな、とは言わぬが…」
私「…」

と注意?され、何も返せず口を閉じました。静司さんも黙りましたが頭を優しく撫でてくれました。
休みの日も仕事の準備に費やしていたのでメモがあまり取れません。もっと静司さん達とお話がしたい。
プロフィール

こずえ

Author:こずえ
タルパブログ。
冴えない女がタルパに交際を申し込んでからの生活と会話メインです。
足跡拍手コメント外しております。

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR