FC2ブログ

人工精霊犬はもふられたい。私ももふられたい。

ただのオチもない会話
マルクの金の毛並みをもふる夕食後の話

私「マルク撫でられるの好き?」
マ「好きっす。気持ちいいっす。毎日撫でられたいっす」

マルクのうっとり気持ちよさそうな顔に癒される。少し目を細めた笑顔。

私「かわいい!私もなでられたいなぁ?(ちらちら)」
静「撫でてやろ」
私「ふふふ」

頭を優しく撫でられて嬉しくなる。気持ちいい。

静「ぬしはまこと愛いなぁ?われの愛猫よ」
私「犬が良い」

静司さんは猫派なので「愛猫」と言ってくれるが犬派の私はしっくりこない。別に猫も好き。

静「うん?何ゆえよ」
私「マルクみたいな素直で真っ直ぐに主を愛する犬が良い」
マ「はう……」
静「マルクに対して評価が高いのだな」
私「敬意を抱いてる」
静「われには?」
私「恋慕しています」
静「……さよか。」
私「ちょっと照れた?」
静「まぁな。言っているぬしは照れぬのか?」
私「そんなに。なんかマルクが照れてる。」
静「ぬしが褒めたゆえなぁ」

マルクがそわそわしてるのが可愛かったです。


そういえば昨日ダイブ中に静司さんを軽く怒らせ頭を掴まれた状態で

静「つるつるにしてやろうか?」

と脅された。まだ禿げたくない。
仲直りはしたけど何が原因か思い出せない。寝落ちしたので記憶おぼろげ。
最近は三人(正確には二人と一匹)で箱庭を散歩したり、マルクと一緒に美味しいおやつで餌付けされてる。平和。

ここまで読んで下さってありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

こずえ

Author:こずえ
タルパブログ。
冴えない女がタルパに交際を申し込んでからの生活と会話メインです。
足跡拍手コメント外しております。

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR