FC2ブログ

近況とダイブ界のお手伝いさんの落書き

自分の創ったもの達が展示される。という幸運が舞い込んだ。
やだ……これが引き寄せ?

静「われではない、ぬしの力よ」

私に力があるか?いや無い。
静司さん含めサポートしてくれる人達に感謝ァッ!(シャウト)
東京での展示なので自力では観に行けそうにない。公共交通機関の密室に他人と、というのが苦手。紹介用の冊子を作っていただいているので、一冊くれるそうです。ありがたや。

今日は作業しようとしても良い案が全く浮かばなかった。手が進まない。
納品できるものの数が少ない。静司さんも気を遣って黙ったので静か。今日はダイブ界の箱庭で思い切り美味しいものを食べて喋ろう。会話文のメモが少ないのだけれどダイブ界での会話はメモするためには一度覚醒する必要があるので記録が少ない。そうそう、乙葉さんが喋るところって無口なのもあってあまりブログに乗せられてない。から代わりにざざっと描いた落書きを載せます。

15964544100.jpeg

座卓にお茶を運んできたついでに畳に少し膝ついて挨拶を交わしてくれる乙葉さん。が描きたかった。
設定有りすぎ。色々違和感あるけれどその内上達していくでしょう。多分。


空いた時間で母を採寸して上半身の原型の型紙を作図している途中です。原型が完成したら可愛い服の型紙作ってあげたい。
ちなみに縫うのは母の楽しみなので私はやりません。
それを見ていた静司さんとの会話。

静「できればわれにも作ってくれぬか?」
私「服?」
静「さよう。愛妻のつくる服を着る、というのもなかなか良いのでは、と思うてな」

愛妻……?私が?若干動揺してしまう。
静司さんの服……そういえば最近、静司さんはこちらではTシャツを着ている。ルーズに部屋着でそれはそれで可愛いと思うけれど。

私「じゃ、エプロン作る」
静「なにゆえ?」
私「私の趣味。カフェエプロンとか着てほしい」
静「われが着て似合うのか?というかわれで良いのか?」
私「似合うし、せいじさんだから見たい」
静「……まことか?変わった趣味嗜好よな」
私「全然普通じゃない?」

白シャツに黒いエプロン。ギャルソン?みたいなのが見たいと思う。
制服に憧れてしまうのはなぜなんでしょう。好きな人が着ていればときめく事必至だろう。

マ「俺には?」
私「バンダナでも巻いたら可愛いかもね。嫌がるけど」
マ「うーん……ぷしゅしゅん!」(くしゃみ)
静「風邪でもひいたか?」
私「タルパって体調不良なる?」
静「われはならぬが、他や人工精霊は知らぬぞ」

その後は普通にしているので体調は大丈夫そうです。
マルクはくしゃみ姿、効果音?もかわいくて和む。
ちなみにバンダナは記念日のプレゼントに候補で挙げたのですが拒否されてしまいました。バンダナ巻いたでかいワンコ可愛くないですか?素敵だとおもうんだけどなぁ。

長々とすみません。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

スポンサーサイト



プロフィール

こずえ

Author:こずえ
タルパブログ。
冴えない女がタルパに交際を申し込んでからの生活と会話メインです。
足跡拍手コメント外しております。

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR